トップページ > 潰瘍性大腸炎の記事一覧 > 潰瘍性大腸炎は漢方で治る?漢方と薬の違い

潰瘍性大腸炎は漢方で治る?漢方と薬の違い

潰瘍性大腸炎は永く付き合っていかなければならない病気です。

症状が再燃しないよう病院で処方される薬を使用する場合や、独自で調べて漢方薬専門の医院に行ったりなど様々ではないでしょうか。

潰瘍性大腸炎の漢方

「薬が嫌いだから漢方を飲む」といった方もいらっしゃいますが、漢方も薬の分類です。

漢方は薬草や鉱物などの多くの生薬を組み合わせていますが、一般的な薬の西洋薬もそういった生薬から効果的な成分を抽出して作っています。

西洋薬は症状から薬を選びますが、漢方は身体の状態や体質などから薬を選びます。

 

それぞれの身体への作用としては以下になります。

      
  • ・西洋薬 症状に対して症状をやわらげる、改善する
  • ・漢方薬 体の体質そのものを健康な状態に戻す、治癒力を高める

 

漢方と西洋薬の違い

一般的に、薬の速効性は西洋薬が早く、漢方薬はおだやかですが、西洋薬は効き目が強い分、副作用が強く出ます。
反対に漢方薬は効き目がゆるやかな分、副作用が少ないとされています。
(漢方薬も風邪薬など種類によっては速効性のあるものもあります。)

 

潰瘍性大腸炎の漢方薬では青黛がよくしられています。

 

西洋薬と漢方薬、それぞれの薬の目的や特徴が違うため、一概に漢方で潰瘍性大腸炎が治るとは言い難いのが現状です。

漢方で症状が改善・治癒する場合もあれば、身体に合わずに副作用が出てしまうということもあります。

 

個々の特徴を活かし、症状や身体の状態などを考慮しながら担当医師や専門医と相談して治療を行なっていくことが大切です。