トップページ > 潰瘍性大腸炎の記事一覧 > 潰瘍性大腸炎の注目される最新治療

潰瘍性大腸炎の注目される最新治療

潰瘍性大腸炎の治療法には大きく分けて3種類あります。

 

潰瘍性大腸炎の治療方法

(1)内科的治療 治療薬:アサコール・ペンタサ・レミケード・ステロイド
(2)外科的治療 手術
(3)LCAP 白血球除去療法

上記(3)のLCAP(白血球除去療法)は、潰瘍性大腸炎の最新の治療方法です。

LCAP(白血球除去療法)は、血液を、一度対外に出し、白血球除去フィルターにより白血球を取り除いた後、再度体内に戻すといったものです。(人工透析と同じような原理です)

 

LCAP(白血球除去療法)

 

治療時間は、約1時間~1 時間半程度であることの他、副作用がほとんどないというのが利点です。

従来の治療薬による効果が期待できない場合や、治療薬の効果が弱まってきた場合に有効な治療法です。