トップページ > 潰瘍性大腸炎の記事一覧 > 潰瘍性大腸はヨーグルトを食べても大丈夫?

潰瘍性大腸はヨーグルトを食べても大丈夫?

潰瘍性大腸炎の場合ヨーグルトを食べることに、「乳酸菌なので食べたほうがいい?」や「乳製品なので避けたほうがいい?」など、悩まれている方が多いと思います。

一般的に、治療中は消化がよく低脂肪で繊維の少ない食事が推奨されるなどの食事制限を受けますが、症状が落ち着いた寛解期では食事制限が加わることはあまりありません。

潰瘍性大腸ヨーグルト

 

ヨーグルトは乳製品でも牛乳などとは別物?

潰瘍性大腸炎の食事制限には、牛乳などの乳製品が加わることがあります。

その理由は、潰瘍性大腸炎の影響で乳製品に含まれる乳糖を分解する酵素の働きが悪くなり、乳糖を分解できず下痢などの症状をおこすことがあるからです。

 

では、ヨーグルトも乳製品なので食べてはいけないのかというと、そうではありません。

もちろんヨーグルトにも乳糖が含まれていますが、同時に乳酸菌もたくさん含まれていて、この乳酸菌が乳糖を分解してくれます。

むしろ適量の乳酸菌の摂取は、腸内環境を整えることにもなります。

無理せず、バランスよく

潰瘍性大腸炎の食事は治療中も寛解期も、無理せずバランスよくということが大切です。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌がよいからといっても過度な摂取は禁物です。

なかには乳糖不耐症の体質の方などもいますので、ヨーグルトだけにこだわるのではなく、植物性の乳酸菌など、他の食品から摂取するのもよいでしょう。