トップページ > 潰瘍性大腸炎の記事一覧 > 便潜血が陽性となる疾患とは?

便潜血が陽性となる疾患とは?

便潜血検査の概要

そもそも便潜血(FOB)とは、 基本的に、便に血が潜んでいる状態を言います。

 

以前までは化学法と呼ばれる方法で検査をしていましたが、食事に含まれるヘモグロビンや野菜などのヘム類似化合物とも反応するため、食事制限がありました。
しかし現在では、ヒトの血液に含まれるヘモグロビン物質を免疫学的にチェックする方法が一般的になり、通常2日法と呼ばれる、2日間便をとる検査方法が主流となっています。

食べ物が、口→胃→十二指腸→小腸→大腸・S状結腸・直腸→肛門から便として排泄される中で、便に血が混ざることはありません。
現在の便潜血検査では、主に大腸以後の消化管で出血の有無を確認することを目的としています。
そのため、主に大腸がんのスクリーニング検査として使われています。

 

大腸ポリープの場合、ポリープ表面の組織がもろく、便が通過する際にかすれるだけでも出血しやすいため、便潜血が陽性になります。
他に消化管での出血は、痔でも便潜血陽性になります。そのため、様々な病気で便潜血は陽性になります。
また女性では、生理の出血でも便潜血陽性になってしまいます。

便潜血検査のやり方

基本的には朝に排泄される便の表面を、専用スティックでこすり取ります。
※1箇所に集中してこすると、採取した便の成分が偏ってしまうので、全体にまんべんなくこすり取って下さい。
この作業を2日間行います。

便潜血検査は自宅検査キットもあり、費用も低額で手軽に行える検査です。

自宅検査キット

 

「便潜血陽性」になる疾患

便潜血陽性の疾患は様々です。比較的若い年代に多い疾患として、「潰瘍性大腸炎」「クローン病」などの炎症性腸疾患です。
これらは、肉眼的な血便として確認できることも多いですが、便潜血陽性で発見されるケースも少なくありません。

また、大腸壁に小さな袋のようなもの(憩室)ができ、それが炎症することで出血する場合もあります。

ただし、大腸ポリープからの出血により便潜血陽性が発見されるケースもあります。
特に大腸ポリープは小さいものはほぼ良性ですが、直径が2cmを超えると一部ががん化しだす報告もあり、見つかった場合には放置せず、状態に見合った検査と治療を行っていく事が大切です。

 

<便潜血検査が陽性を示す病態>

大腸がん・内、外痔核・潰瘍性大腸炎・クローン病・大腸ポリープ・憩室・細菌性大腸炎など

 

「便潜血陽性」が出た場合

健康診断で行われる便潜血検査は、便に血が混ざっているかを確認するだけの簡易検査法(定性法)であることが多いです。
その検査で便潜血陽性だった場合は、便にどれ位の量の血が混ざっているのか、精密検査法(定量法)で再検査する必要があります。

 

定量法による便潜血検査で出血がはっきりと認められた場合、注腸造影検査(バリウム検査)や大腸内視鏡検査(大腸カメラ)による精密検査を行っていきます。

 

ここで最も避けるべき事は、「便に血が混ざっていると言われたけど、もともと痔だから心配ない」と判断される事です。
自己判断せずに陽性になった場合は、医療機関を受診して医師にご相談下さい。
痔で陽性になる頻度は高くなりますが、この中に痔とがん等の他の病気が共存している可能性も否定できません。