トップページ > 潰瘍性大腸炎の記事一覧 > 潰瘍性大腸炎の重症度を分類する診断基準とは?

潰瘍性大腸炎の重症度を分類する診断基準は?

潰瘍性大腸炎の重症度は、重症(劇症)、中等症、軽症に分類され、重症度を決める診断基準は、臨床的に以下の分類になります。

重症度

重症

重症とは、1,排便回数、2,顕血便の他に全身症状の頻脈、貧血のいずれかを満たし下記の6項目中、4項目以上に該当する場合重症と診断されます。

 

1 排便回数:6回以上
2 顕血便:(+++)
3 発熱:37.5度以上
4 頻脈:90/分以上
5 貧血:Hb10g/dL以下
6 赤沈:30mm/h以上

 

また、重症の中でも特に症状がひどい場合は劇症となります。

劇症は、発症の経過によって2種類に分けられます。

劇症は、発症の経過によって急性劇症型再燃劇症型に分けられます。

その診断基準は以下の通りです。

 

1 重症の診断基準を満たしている
2 15回/日以上の血性下痢が続いている
3 38度以上の持続する高熱がある
4 10,000mm3以上の白血球増多がある
5 強い腹痛がある

 

上記5項目のすべてを満たす場合、劇症と診断されます。

 

中等症

重症と軽傷の中間。

中等症とは、重症と軽症の中間に位置する症状の場合、中等症と診断されます。

 

軽症

軽症とは、下記の6項目すべてを満たす場合、軽症と診断されます。

 

1 排便回数:4回以上
2 顕血便:(+)〜(−)
3 発熱:37.5度以上の発熱がない
4 頻脈:90/分以上の頻脈がない
5 貧血:Hb10g/dL以下の貧血がない
6 赤沈:正常

※貧血…ヘモグロビン値 ※血沈…赤血球沈降速度

 

劇症は、非常に危険な状態です

重症の中で劇症と診断された場合、非常に危険な状態にあるためすみやかな対処が必要になります。