トップページ > 潰瘍性大腸炎の記事一覧

潰瘍性大腸炎の記事一覧 - 潰瘍性大腸炎について

潰瘍性大腸炎(UC)とは、大腸の粘膜に炎症が起こる病気です。

炎症により、大腸の粘膜に潰瘍(粘膜が破れてくずれる)やびらん(ただれ)ができ、それによって下痢や粘血便(ねんけつべん)と呼ばれる血液や粘液などが混じったやわらかい便がくり返し起こります。

炎症は肛門に近い側から奥に向かって広がり、治まったり[寛解(かんかい)期]、再び起こったり[活動期]をくり返す、長く付き合っていくことになる病気です。大腸だけでなく発熱や貧血などの、さまざまな症状を引き起こすこともあります。