トップページ > 炎症性腸疾患 > 潰瘍性大腸炎の原因や症状、検査について

潰瘍性大腸炎の原因や症状、検査について

原因について

原因については、いまだ明らかになっていません。

腸内細菌の関与や食生活の変化の関与など様々な要因により、体内の免疫機構にのバランスが崩れ、自己免疫反応の異常がおこり炎症症状が引き起こされると考えられています。

遺伝するの?

潰瘍性大腸炎は家族内での発症も認められており、何らかの遺伝的因子が関与していると考えられています。

欧米では患者さんの約20%に炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎あるいはクローン病)の近親者がいると報告されています。

近年、世界中の研究者によりこの病気の原因を含めた特異的な遺伝子の探索が続けられていますが、現時点では遺伝に関する明解な回答は得られていません。

遺伝的要因と食生活などの環境要因などが複雑に絡み合って発病するものと考えられています。

 

症状について

便がだんだんゆるくなることが最初の症状のようです。
そして、便は出血を伴い、痙攣性の腹痛と頻回の排便をもよおします。

下痢は徐々にあるいは全く突然に始まることもあります。症状が重くなると、発熱、体重減少、貧血などの全身への症状が起こります。
また、腸管以外の合併症として皮膚病変、眼病変や関節の痛み、子供では成長障害が起こることもあります。

 

潰瘍性大腸炎(UC)の診断

潰瘍性大腸炎の診断は症状の経過と病歴などを聴取することから始まります。
最初に、血性下痢を引き起こす感染症と区別することが必要です。

下痢の原因となる細菌や他の感染症を検査し、鑑別診断が行われます。
その後、患者さんは一般的にX線や内視鏡による大腸検査を受けます。

この検査で炎症や潰瘍がどのような形態で、大腸のどの範囲まで及んでいるかを調べます。
さらに"生検"と呼ばれる大腸粘膜の一部を採取することで、病理診断を行います。
潰瘍性大腸炎は、このようにして類似した症状を呈する他の大腸疾患と鑑別され、確定診断されます。

 

●診断基準

(a)臨床症状 持続性または反復性の粘血・血便あるいはその既往
(b)
1.内視鏡検査
2.注腸X線検査
(1)
 i) 粘膜はびまん性に侵され、血管透見像は消失、粗造または細顆粒状
 ii) 多発性のびらん、潰瘍あるいは偽ポリポーシス
(1)
 i) 粗造または細顆粒状の粘膜表面のびまん性変化
 ii) 多発性のびらん、潰瘍
 iii) 偽ポリポーシス、その他、ハウストラの消失(鉛管像)や腸管の狭小・短縮
(c)生検組織的検査 活動期では粘膜全層にびまん性炎症性細胞浸潤、陰窩膿瘍、高度な杯細胞減少が認められる。
寛解期では腺の配列異常(蛇行・分岐)、萎縮が残存する。
除外診断 細菌性赤痢、アメーバ性大腸炎、サルモネラ腸炎、キャンピロバクタ腸炎、大腸結核、クラジミア腸炎などの感染性腸炎
クローン病、放射線照射性大腸炎、薬剤性大腸炎、リンパ濾胞増殖症、虚血性大腸炎、腸型ベーチェットなど

 

潰瘍性大腸炎(UC)の検査

便検査

便検査の主な目的は、大腸の炎症部分から漏れている微量の出血を見つけることです。検査によって、目で見てもわからない程度の少量の血液を調べます。また、同時に細菌の有無も調べます。

 

血液検査

全身状態を調べるため、一般的に下表のような検査が行われます。

検査 正常値 意義
CRP
C反応性淡白
〜0.2 mg/dl 炎症が強くなると数値が上昇します。炎症の有無を知る最も一般的な検査です。
赤沈
赤血球沈降速度
男性:2〜10 mm/h
女性:3〜15 mm/h
炎症が強くなると数値が上昇します。炎症の有無を知る最も一般的な検査です。
白血球数 4,000〜9,000 /μl 炎症が強くなると正常値を上回ることが考えられます。
また、正常値を下回る場合は薬剤(免疫調整剤など)の副作用が考えられます。
アルブミン 4.0〜5.0 g/dl
(BCG法)
栄養状態を判定するために検査を行うことがあります。
ヘモグロビン 男性:14〜18 g/dl
女性:11〜15 g/dl
赤血球中のタンパク質でえ、大腸から出血がある場合、正常値を下回って貧血と診断されることがあります。

 

大腸造影検査

大腸における病変の範囲や大腸の状態を正確に把握するための検査です。肛門からカテーテルを挿入し、造影剤と空気を注入した後にX線写真を撮ります。

 

内視鏡検査

内視鏡検査

大腸における病変の状態を的確に把握し、症状が似ているほかの大腸疾患と区別して診断を確定するための検査です。
柔らかい内視鏡を肛門から挿入して、病変部位を直接観察するとともに、生検(顕微鏡で調べるために病変とみられる部分の組織を一部切りとること)を行います。

 

なお、内視鏡検査は症状がない寛解期においても、治療内容の変更の判断や大腸の炎症・潰瘍部位の癌化(全大腸炎型では10年以上経過すると癌化の危険性がある)の確認などのために必要な検査です。