トップページ > 炎症性腸疾患とは

炎症性腸疾患(IBD)について

炎症性腸疾患(Inflammatory Bowel Disease(IBD))とは、腸の粘膜に炎症や潰瘍を生じる原因不明の慢性疾患です。

おもに、潰瘍性大腸炎(ulcerative colitis:UC)とクローン病(Crohn’s disease:CD)の2つの病気を指しています。

>>潰瘍性大腸炎(UC)について>>クローン病(CD)について

 

炎症性腸疾患(IBD)とは?

 

腸に炎症がおこると、下痢や腹痛、血便、発熱などの症状がみられます。
おもに10~20歳代の若年者に発症し、病気は再燃(=悪化)と緩解(=落ち着くこと)を繰り返す慢性の経過をたどります。

この病気は欧米に多く日本では少ない病気と考えられていましたが、ここ20年ほどで国内の患者数が急増し、2007年の時点で10万名を超えています。

また国内でも、とくに東京、神奈川などの都市圏で、患者数がより多い傾向がみられます。

 

そのため、"腸の現代病"とも呼ばれています。

 

病気の原因はわかっていませんが、おそらくぜんそくや関節リウマチなどと同じように、本来身体を守るべき免疫の働きが、何らかの理由で誤って自分の身体を攻撃してしまうようになって引き起こされると推測されています。

現時点では残念ながら病気を完治させる治療はまだありませんが、診断や治療法は進歩しており、多くの患者様は病気を落ち着かせて通常の生活が送ることが可能です。

しかしときには、病気の勢いが強く治療に難渋したり、入院の上で強力な薬物治療や手術が必要になる場合もあります。

 

本邦では1973年に潰瘍性大腸炎、1975年にクローン病の特定疾患研究班が発足し、1日も早い病態の解明と治療の確立を目指して、研究に力を注がれています。

>>潰瘍性大腸炎の検査について>>クローン病の検査について

炎症性腸疾患である潰瘍性大腸炎やクローン病の原因や治療などに関する基本的な情報を紹介しています。