トップページ > クローン病 記事一覧 > クローン病の漢方治療

クローン病の漢方治療 自分に合うのは粉薬?煎じ薬?

漢方には、粉薬と煎じ薬があり、双方には下記のとおり、メリット・デメリットがあります。

粉薬のメリット・デメリット

《メリット》

  • ・煎じ薬のように作る時間がかからない。
  • ・持ち運びができるため、お湯があればどこでも服用ができる。
  • ・粉なので、オブラートを使えば、漢方独特の苦味を抑えられ、苦手な方でも飲める。

 

《デメリット》

  • ・粉薬の揮発性成分などが製造工程で減衰してしまうことがあるため、煎じ薬と比較すると効果が薄いと考えられます。

 

煎じ薬のメリット・デメリット

《メリット》

  • ・漢方薬の大切な構成要素とも言える、味や香りを最大限有効利用できる。
  • ・漢方薬そのものの状態であるため、粉薬と比較すると高い高価が期待できる。

 

《デメリット》

  • ・液体であるため、持ち運びがしにくい。
  • ・作るのに時間や手間がかかる。(約30分)

 

大切なのは継続すること

治療にはどうしても時間がかかるため、継続服用するにはご飲用される方の症状、生活スタイルなどにも合わせて選ぶことが重要になってきます。

 

漢方