トップページ > クローン病 記事一覧 > クローン病治療にも、iPS細胞は有効なのか?

クローン病治療にも、iPS細胞は有効なのか?

iPS細胞(人工多能性幹細胞)とは、受精卵を使わずに、皮膚などの体細胞4種類の遺伝子を送り込んで、臓器や組織の元となる幹細胞まで成熟させた細胞のことです。

iPS細胞

 

この成熟した細胞を「初期化」することにより他の細胞になることができるようにする技術をiPS細胞技術といいます。

一般向けの解説では、「時計の針を巻き戻す細胞」と言われることが多いようです。

 

iPS細胞でなにができるか?

通常、人間の体はたった一つの受精卵が分裂を繰り返し、皮膚や神経、筋肉など約200種類、60兆個もの細胞に分化してできています。

いったん分化した細胞は受精卵が持つ遺伝情報の多くを失い、元の状態には戻れないとの説が有力でしたが、山中伸弥京都大教授が開発したiPS細胞(人工多能性幹細胞)がノーベル賞に値すると評価されたことは記憶に新しいのではないでしょうか。

 

この細胞を使って、神経、心筋、肝臓、膵臓などの患部の細胞に分化して、移植や治療、新しい製薬の研究に活用できるそうです。

今ではiPS細胞から作った目や心臓、神経の細胞の移植を目指す研究や、難病患者のiPS細胞を使った病気の研究が世界中で進められています。

今後、クローン病の治療にも活用化できる日がくるのではないでしょうか。