トップページ > クローン病 記事一覧 > クローン病の手術(外科治療)について

クローン病の手術(外科療法)について

クローン病は消化管全体にわたり生じる可能性がある炎症性腸疾患です。

難病に指定されており、特定の原因は不明です。

初期段階の内科的な治療としては栄養療法や薬物療法になります。しかし、これらは根治の治療ではないため、進行して外科的な治療が必要になる場合があります。

手術

 

クローン病での手術(外科治療)の目的

クローン病での手術(外科治療)の目的は主にこの2つです。

 

1:消化管に生じた「腸閉塞」や「腹膜炎」の処置

  消化管の状態を良くして、内科的治療を再開させ栄養状態を回復させます。

2:肛門周辺の病気の処置

  クローン病の場合、高い確率で肛門周辺に病気が生じます。

  痔瘻と腫瘍、この問題はすみやかに処置を行わないと人工肛門を造設しないといけない時もあります。

 

クローン病の手術適応

クローン病で手術が適応となる場合は、以下を伴う際になります。

 

  • ・狭窄
  • ・穿孔
  • ・瘻孔形成
  • ・膿瘍形成

 

上記の際に手術適応になります。また、クローン病の患者さんで手術が必要となる確率は、発症後5年で約30%、発症後10年で約70%程度とされています。

 

クローン病の手術の術式

病変の状態によりさまざまな術式がとられますが、クローン病の手術に対する基本としては最小限の腸管切除にとどめることで、狭窄形成と合わせて行われます。

 

クローン病の再手術

クローン病の患者さんで一度手術を受けた後、再度手術が必要になる患者さんの確率は、5年間でおおよそ30%に及びます。

 

再発を繰り返すクローン病

再発を繰り返すクローン病、原因は不明ですが考えられる要因はあるのでしょうか?

明らかになってきているのが、免疫機能の異常です。

 

有害とされる細菌を排除する免疫機能が、本来必要なものまで排除しようとして炎症が起こってしまう。

 

クローン病の再発をコントロールする為には、この崩れた免疫機能のバランスを整えること、この点がクローン病の再発をコントロールするのに必要ではないでしょうか。