トップページ > クローン病 記事一覧 > クローン病(cd)の決定的な原因とは?

クローン病(cd)の決定的な原因とは?

クローン病は、口腔から肛門までのすべての消化管、特に小腸の末端部に、炎症や潰瘍がおこり下痢や血便、体重減少などが発症する、特定疾患に指定された難病の一つです。

その原因には、世界中の研究者から様々な説があがっていますが、いまだはっきりと証明されたものはありません。

原因として提唱されている様々な説

これまで、クローン病のきっかけとなる根本的な原因として下記のようなものがあげられています。

 

  1. 遺伝的な要因という説
  2. 細菌や麻疹ウイルスによる感染という説
  3. 糖質や脂肪など、食事内容との因果関係という説
  4. 腸管の微小な血管の血流障害という説
  5. 喫煙が危険因子だという説
  6. 非ステロイド性抗炎症薬や経口避妊薬が増悪因子になるという説

 

これらの説にいまだ断定されたものはありませんが、むしろどれか一つに断定するのではなく、すべてがクローン病の起因となる可能性があると考えるべきなのかもしれません。

 

免疫機構の異常が炎症をひきおこす

 

免疫機構の異常

 

これら様々な要因がきっかけとなり、「腸粘膜の免疫系の調節機構に反応異常がおき」炎症がひきおこされるというのが、国際的な定説となっています。

起因は様々だけれど、「免疫機構に異常がおこり」炎症がおこるということは、共通の認識となっています。

最近の研究による発表

最近の北海道大学遺伝子病抑制研究所の研究により、クローン病の免疫機構の異常は、体内にあるリンパ球の一つ「CD8T細胞」の異常増殖が原因だと発表されています。