トップページ > クローン病 記事一覧 > クローン病(cd)は完治しない病気?

クローン病(cd)は完治しない病気?

クローン病は寛解期と活動期を繰り返す慢性的疾患であり、現在では完治させることは不可能であるが、直接的に生命にかかわることは少ない病気です。

しかし、手術率は発症後5年で33.3%、10年で70.8%と高く、さらに手術後の再手術率も5年で28%と高率であることから、再燃・再発予防が重要です。

 

診断後10年の累積生存率は96.9%で健常者と変わりはほぼありません。

 

ウミガメ