トップページ > 自己免疫疾患 記事一覧 > 自己免疫疾患とは

自己免疫疾患とは

私たちの体に害を及ぼすであろう、細菌・ウイルス・微生物・がん細胞などは、その細胞内や表面に抗原を持っており、正常な免疫システムであれば、自己と非自己である異物(抗原)を区別して反応し排除していきます。

この細菌やウイルスの他にも、移植された臓器・組織を異物と判断してしまうケースもあります。また、花粉や食物の分子においては、それ自体が抗原となります。

自己免疫疾患とは

しかし本来、体外から侵入してきた異物を排除するための免疫システムが、何らかの原因によって正常に機能せずに暴走し、自身の組織を異物と判断することで、自己抗体と呼ばれる異常抗体や免疫細胞を産生して、自分自身の細胞・組織を標的にして攻撃してしまいます。

この反応は自己免疫反応と言われ、炎症や組織損傷を引き起こします。自己免疫疾患には多くの種類があり、さまざまな細胞・組織が攻撃の対象となり、これらの自己免疫反応による疾患の総称を「自己免疫疾患」と呼んでいます。
ただし、産生される自己抗体の量がすくなければ、発症することはありません。

分類について

自己免疫疾患は、全身への影響が出る「全身性自己免疫疾患」と、特定臓器のみ影響が出る「臓器特異的疾患」の2種類に大きく分けることが可能です。

全身性自己免疫疾患 関節リウマチ、全身性エリテマトーデス(SLE、ループス)、シェーグレン症候群、多発性筋炎、皮膚筋炎、強皮症、混合性結合組織病などの膠原病。血管炎や、一部の不妊症。
臓器特異的疾患 自己免疫性甲状腺疾患(橋本病、バセドウ病)、アジソン病、自己免疫性溶血性貧血、特発性血小板減少性紫斑病、潰瘍性大腸炎、原発性胆汁性肝硬変症、膜性腎炎、重症筋無力症、多発性硬化症、リウマチ熱、尋常性天疱症、水晶体誘発性ブドウ膜炎など。

自己免疫疾患が女性に多い主な理由に、ホルモンバランスが深く関係しているという説があります。

また、マイクロキメリズムと呼ばれる、妊娠中に胎盤を通して胎児と母体の微量な細胞のやりとりが行われることで、母体の体内に異なる細胞である胎児の細胞が定着・存続していく現象があり、この影響によって「自己免疫疾患」が発症しやすい状態になっているのではないかと言われています。

克服するには

生活習慣や食生活にも影響されることを忘れないでください。
不摂生な生活やバランスの悪い食事は、ホルモンバランスを乱れさせ、自己免疫疾患を招く要因でもあります。一度乱れた免疫バランスは簡単に正常化するとは言い難いです。

そのため、病院治療はもちろん日々の生活習慣と食生活の見直しも行うようにしましょう。特に、免疫システムを調整・正常化できる成分を摂取することで、治療期間は短くなるかもしれません。