トップページ > 円形脱毛症 記事一覧 > 円形脱毛症を隠す方法

円形脱毛症を隠す方法

円形脱毛症を隠す

円形脱毛症は頭皮が見えてしまうため、どうしても周囲の視線が気になってしまいます。

すぐに完治するものでもないため、上手に目立たなくする方法を見つけることが重要になってきます。

ここでは一般的な活用方法として紹介されているウイッグやパウダー、ヘアコンタクト以外をご紹介します。

帽子やバンダナ、スカーフなど

帽子は被るだけという手軽さで、老若男女誰でも活用できます。ただし、室内では失礼にあたる場合もあるので、その際は注意が必要です。

また、時期によっては頭皮が蒸れることで、症状を悪化させてしまう可能性もありますので、生地などは自然素材でできたものを選びましょう。

髪型を変える

ロングヘアーの場合、ヘアピンなどを活用することで、目立たなくすることが可能です。

一方、短髪の場合は脱毛部にかぶるよう分け目を作ることや、パーマでウェーブをつけることで目立たせなくするなどがあります。

逆に坊主にすることは避けましょう。脱毛部は毛根がないために地肌の色となり、坊主の部分は毛根が生きているため、薄っすら黒くなっています。そのため、色目の境界線が出てしまい、逆に目立ってしまいます。

理容・美容院で相談する

女性の場合は特に髪型に融通がきくため、理容・美容師に相談するのもいいでしょう。

美容師もある程、の知識を持っているはずなので、気になる箇所をカバーしてもらえるような髪型、髪のお手入れなどのアドバイスを行ってくれるかもしれません。

病院へ受診し治療する

ひとくちに円形脱毛症といっても様々な症状があります。適切な治療をしないと、完治まで長引く可能性もあり、場合によっては、毛髪が全て抜けてしまう場合もあります。

また、無事に完治をしても、何年後かに症状が再発する場合もありますので、円形脱毛症の疑いがある場合は、できるだけ早めの受診をオススメします。

治療とともに日頃の生活習慣などの見直しを

円形脱毛症は、原因が特定しづらく時間をかけて治していくケースが多いため、医療治療と平行して、規則正しい生活習慣とバランス良い食事を心がけましょう。

もちろん、「免疫バランス」を整えてくれる成分を含むサプリメントなどでセルフケアすることも、より早い回復への一つの手段となるでしょう。