トップページ > 円形脱毛症 記事一覧 > 円形脱毛症は女性に多いって本当?

円形脱毛症は女性に多いって本当?

女性に多い円形脱毛症

円形脱毛症は、円形や楕円形の脱毛症状が何の前触れもなく突然現れる疾患で、一般的には女性に多いと言われています。

実際の男女比でもやや女性に多い傾向があり、生理や出産などが関係していると言われています。脱毛症の中でも女性特有にみられる症状をご紹介していきます。

分娩後脱毛症

「産後脱毛症」とも呼ばれ、出産後に起きる女性特有の脱毛症の一つです。
妊娠中の女性の体は、プロゲステロン(黄体ホルモン)と呼ばれる女性ホルモンが上昇します。

妊娠中に髪が増える方が多いのもこのためです。
これは、本来抜けてしまうはずの髪がそのまま成長し、髪の寿命が長くなるからです。

その後、女性ホルモン量は出産直後にピークを迎えると、出産後は一気に減少します。同時にプロゲステロンも減少するため、成長していた髪が一気に抜けてしまうと言われています。

通常は、産後6カ月ほどで徐々に回復すると言われていますが、改善がみられない場合は、早い段階で皮膚科を受診しましょう。

女性男性型脱毛症(FAGA)

男性のAGAに対し、女性の脱毛症をFAGAといいます。
FAGAの特徴は男性と異なり、毛髪が細くなり、生え際から頭頂部あたりの毛髪が疎らになり、密度が減少した状態になります。

40代から発症する割合が多く、高齢の方に多くみられることが多いですが、近年では若い女性でも、乱れた食生活や運動不足などによりホルモンバランスが崩れ、発症する場合もあります。

牽引性脱毛症・圧迫性脱毛症

ポニーテール・エクステンション・カチューシャなどで長年同じヘアースタイルや分け目にすることにより、常に同じ部位に負荷がかかり、髪の毛が切れたり、弱ってしまい地肌が透けて見えたり、局所的に密度が減ってしまいます。

常に同じヘアースタイルにするのではなく、髪を下ろしたり、分け目を変えるなどで対策することも一つの手段となります。

治療とともに日頃の生活習慣などの見直しを

円形脱毛症は男性・女性の誰にでも起こりえます。そして、医療機関で行われる治療法は人それぞれで、すぐに治るということではありません。

原因が特定しづらく時間をかけて治していくため医療治療と平行に、規則正しい生活習慣とバランス良い食事を心がけましょう。

もちろん、「免疫バランス」を整えてくれる成分を含むサプリメントなどでセルフケアすることも、より早い回復への一つの手段となるでしょう。