トップページ > 円形脱毛症 記事一覧 > 全頭脱毛症の治療と完治について

全頭脱毛症の治療と完治について

ひとくちに円形脱毛症といっても様々な症状があり、大きく分けると5種類あります。

単発性円形脱毛症型・多発性円形脱毛症型・多発融合型・全頭脱毛症・汎発性脱毛症

全頭脱毛症の治療と完治について

原因については、様々な説がありますが、有力な説としては“髪の毛の毛根組織に対して免疫機能の異常が発生”する「自己免疫疾患」説が有力です。

免疫機能の異常を発生させる要因として、精神的なストレスや体質的な素因などがあります。その中でも、治療が長期に渡る場合が多い全頭脱毛症についてご紹介していきます。

【注目記事】
円形脱毛症の改善には免疫機能の調整・正常化することが近道
完治が難しいと言われている円形脱毛症ですが、その改善に期待が寄せられる複合サプリメント成分が誕生し…

全頭脱毛症とは

通常の脱毛症の場合、脱毛は頭髪などの一部にとどまります。しかし、全身脱毛症の場合は範囲が頭髪全体に現れ、やがて全身の毛が抜けていきます。

症状が広がるほど完治までの期間も長引いてしまうため、全頭脱毛症の可能性があると感じた場合には、すぐに皮膚科を受診するようにしましょう。

全頭脱毛症の前兆はある?

一般的には朝、突然起きたら全頭脱毛症になっていたというケースはないようです。

ほとんどの場合、円形脱毛症としての初期症状でもある、かゆみや大量のフケなどが生じ、10円ハゲといわれる円形脱毛斑ができ、その後、別の場所にも円形脱毛斑ができ拡大していきます。

全頭脱毛症の治療

主にストレスや免疫疾患が原因と考えられていますので、皮膚科に受診し適切な治療とストレスを溜めない生活習慣を心がけることが重要になってきます。

治療薬としては、主に皮膚血管を広げて血流を良くする効果のフロジンや、毛根の活動を正常にするステロイド、そして血管を拡張する効果のミノキシジルなどが中心となります。

全頭脱毛症の完治について

全頭脱毛は治療も長期に渡ることが多いので、特に女性にとってはストレスを溜めやすい状態になりがちです。

そのため、バランスの良い食事や十分な睡眠、そして免疫バランスを整えてくれる成分を含むサプリメントなどでセルフケアをしていき、自分自身でも必ず治る!という気持ちを持つようにすることが大事です。